読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14

2016.9

ネタを動画で宅録して先輩に送りつけることにした日。新ネタ、コントっぽくて好きなんだけど、どれだけ笑いに繋がってるのかが分からない。大声を張り上げて隣人には凄く申し訳なかった。

昨日の晩御飯、家の近くの定食屋に行った。その定食屋は店主の子供が自由に動き回っているようなほのぼのした定食屋で、一緒に居た友達と「この雰囲気がいいねぇ」と言っていた。ご飯をおかわりしたくて、店員さんを呼ぼうと思ったら、その子供が僕の所へ来て、ちょっと微笑みながら器を持っていってくれた。天使だった。楽単を取りたいだとか、学校行きたくないだとかばかり考えている汚い心を浄化してくれた。帰り際には写真を撮らせてくれた。3歳なのに、最初指が1本しか立てられないのが、可愛いと思っていたら、最終的には3本立った。「いや3本立てれるんかい!」と心の中でつっこんだ。手を振ってお別れしてくれた。ハッピータイム。

 

「こんにちは ありがとう さよなら また逢ましょう」-さらば/キンモクセイ